問診する看護師

医院経営を始めてみたいとお考えなら

聴診器

医療関係のお仕事に就いておられる方は、いつかは個人で医院を経営したいと考えておられる方も多いと思います。開業医であれば、勤務医の頃には考えられなかったような時間的な余裕などメリットがたくさんあります。しかし、これから医院経営を始めるとなると手続きや専門知識などいろいろと必要になるものが多いのも確かです。そういった場合、一人で悩まずにまずは専門業者に依頼や相談をしてみましょう。医院経営のスペシャリストが初めての開業に当たっての適格なアドバイスをしてくれます。病院というものは、人々の日々の生活になくてはならないものですが、個人病院の場合、経営状態が厳しいところもたくさんあります。その医院に在籍している医師の担当科やその地域の年齢層などにもよりますが、やはり専門家のアドバイスをしっかりと聞いて経営方針をしっかりと確立させることに越したことはありません。
現在勤務医で、これから独立開業を考えたい、という方は事前に専門業者に何度も相談に訪れる事をおすすめします。大抵の専門業者は初回相談が無料となっていたり、非常に相談しやすい雰囲気づくりをしてくれています。まだ具体的な計画がない、という場合にも将来的に開業を目指しておられる場合は気軽に相談することから始めてください。

事業承継で医院経営を始める場合のポイント

点滴

病院で勤務する40歳前後の医師が、クリニックを経営する両親の高齢化に伴って、事業を引き継ぐことはよくあります。また新たにクリニックの建物を新築するなど、実質的に新規開業に近い形態で事業承継を行う…

医院を経営していく上で必要になってくる業務

少年と看護師

勤務医から独立して医院を開業した場合には、医師と言えども経営に関わる知識が求められるようになってきます。大きな病院に勤務しているうちは医療だけに専念することができますが、医院を開業したら経営者と…

医院経営の課題及び客観的重要性

男性医師

医院経営の客観的重要性と聞いて一般の人はそもそも病院は儲かっていて先生もみんなお金持ちでいい車に乗ってるんじゃない?と想像するでしょう。ですが、現在は個人病院も多くなり同じ専門医院も比較的近い場…

医院経営を始めてみたいとお考えなら

聴診器

医療関係のお仕事に就いておられる方は、いつかは個人で医院を経営したいと考えておられる方も多いと思います。開業医であれば、勤務医の頃には考えられなかったような時間的な余裕などメリットがたくさんあり…

ARTICLE LIST