問診する看護師

医院経営の課題及び客観的重要性

男性医師

医院経営の客観的重要性と聞いて一般の人はそもそも病院は儲かっていて先生もみんなお金持ちでいい車に乗ってるんじゃない?と想像するでしょう。ですが、現在は個人病院も多くなり同じ専門医院も比較的近い場所にある場合があります。
ですので病院といっても現在の競争社会の中にいるのです。特にインターネットやSNSの普及に伴い口コミ等で患者が簡単に別に流れたりという事も起こっています。その競争の中で勝ち残れなければ廃業という事もあるという事です。
しかし、医者も治療のプロではあるが必ずしも経営のプロではないという事です。特に個人の自分の病院の場合、一歩引いて自分の病院の事を客観視出来ない傾向があります。それに集客の戦術もどうしたらいいか分からないといった先生たちも多いことでしょう。そんな時に知識、経験豊富な専門業者にサポートを依頼するのがおすすめです。専門業者に経営の部分をサポートしてもらえば自分は患者との治療に専念できるのですから。
そして他病院との差別化も図れることでしょう。そして患者が増えてくれば設備投資等も出来、更に医院が充実していく事となります。沢山患者が通っているところは良い病院だからと更に人が集まるものです。このように医院経営を専門業者に依頼することはメリットが大きいです。
客観的に現状を分析し必要な手を打つ。医院経営には必要なことです。

事業承継で医院経営を始める場合のポイント

点滴

病院で勤務する40歳前後の医師が、クリニックを経営する両親の高齢化に伴って、事業を引き継ぐことはよくあります。また新たにクリニックの建物を新築するなど、実質的に新規開業に近い形態で事業承継を行う…

医院を経営していく上で必要になってくる業務

少年と看護師

勤務医から独立して医院を開業した場合には、医師と言えども経営に関わる知識が求められるようになってきます。大きな病院に勤務しているうちは医療だけに専念することができますが、医院を開業したら経営者と…

医院経営の課題及び客観的重要性

男性医師

医院経営の客観的重要性と聞いて一般の人はそもそも病院は儲かっていて先生もみんなお金持ちでいい車に乗ってるんじゃない?と想像するでしょう。ですが、現在は個人病院も多くなり同じ専門医院も比較的近い場…

医院経営を始めてみたいとお考えなら

聴診器

医療関係のお仕事に就いておられる方は、いつかは個人で医院を経営したいと考えておられる方も多いと思います。開業医であれば、勤務医の頃には考えられなかったような時間的な余裕などメリットがたくさんあり…

ARTICLE LIST