問診する看護師

事業承継で医院経営を始める場合のポイント

点滴

病院で勤務する40歳前後の医師が、クリニックを経営する両親の高齢化に伴って、事業を引き継ぐことはよくあります。また新たにクリニックの建物を新築するなど、実質的に新規開業に近い形態で事業承継を行うケースが多いです。したがって医院経営をバトンタッチする場合でも十分な資金を確保する必要があり、事業承継のプロセスでサポートを専門業者に依頼することも重要です。両親が経営してきた医院が老朽化している場合も多いので、事業を引き継ぐ場合には抜本的に建物と設備を見直す必要があります。従来型の内科や外科医院では、X線撮影の設備があれば十分でしたが、最近では高度な検査への需要も強まっています。
したがって個人経営のクリニックであっても、CTや内視鏡検査に必要な設備を充実させるべきです。けれども高度な検査設備を充実させる場合には、高額な投資資金を調達することが大きな課題になります。クリニック経営に特化したコンサルタントと十分話し合ったうえで、銀行融資に向けて準備を進めるのが、円滑に必要な資金を調達するためのポイントです。そして事業承継ではこれまでの患者へのフォローも丁寧に行ったうえで、新しい患者を確保するための宣伝も積極的に行うのが理想的です。

事業承継で医院経営を始める場合のポイント

点滴

病院で勤務する40歳前後の医師が、クリニックを経営する両親の高齢化に伴って、事業を引き継ぐことはよくあります。また新たにクリニックの建物を新築するなど、実質的に新規開業に近い形態で事業承継を行う…

医院を経営していく上で必要になってくる業務

少年と看護師

勤務医から独立して医院を開業した場合には、医師と言えども経営に関わる知識が求められるようになってきます。大きな病院に勤務しているうちは医療だけに専念することができますが、医院を開業したら経営者と…

医院経営の課題及び客観的重要性

男性医師

医院経営の客観的重要性と聞いて一般の人はそもそも病院は儲かっていて先生もみんなお金持ちでいい車に乗ってるんじゃない?と想像するでしょう。ですが、現在は個人病院も多くなり同じ専門医院も比較的近い場…

医院経営を始めてみたいとお考えなら

聴診器

医療関係のお仕事に就いておられる方は、いつかは個人で医院を経営したいと考えておられる方も多いと思います。開業医であれば、勤務医の頃には考えられなかったような時間的な余裕などメリットがたくさんあり…

ARTICLE LIST