問診する看護師

医院を経営していく上で必要になってくる業務

少年と看護師

勤務医から独立して医院を開業した場合には、医師と言えども経営に関わる知識が求められるようになってきます。大きな病院に勤務しているうちは医療だけに専念することができますが、医院を開業したら経営者としての手腕も問われてくるのです。
医療法人を設立せずに独立する場合でも開業医は個人事業主と見なされ、経理や会計に伴う日々の記帳業務に煩わされることになります。医院を開業する際には看護師などのスタッフを採用するのが一般的で、必要に応じて教育や研修も実施しなければなりません。医院スタッフを雇用したら給与計算や労務管理などの業務も発生し、他に人材がいなければ医師自身が人事担当者も兼ねる必要が出てきます。
医療のプロを自認する医師も経営に関しては素人でも当たり前で、以上に挙げたような業務を1人でこなすのは大変です。経理や人事を担当する職員を別に雇用したとしても、経験者でない限りはある程度の教育が必要になってきます。医院経営をサポートしている専門業者に依頼すれば、そうした問題点が解決されて医師の負担軽減につながるのは間違いありません。専門業者は医院の経理や会計に関する支援だけでなく、スタッフの採用や研修から人事・労務関連の支援に至るまで幅広いサポート活動を行っています。

事業承継で医院経営を始める場合のポイント

点滴

病院で勤務する40歳前後の医師が、クリニックを経営する両親の高齢化に伴って、事業を引き継ぐことはよくあります。また新たにクリニックの建物を新築するなど、実質的に新規開業に近い形態で事業承継を行う…

医院を経営していく上で必要になってくる業務

少年と看護師

勤務医から独立して医院を開業した場合には、医師と言えども経営に関わる知識が求められるようになってきます。大きな病院に勤務しているうちは医療だけに専念することができますが、医院を開業したら経営者と…

医院経営の課題及び客観的重要性

男性医師

医院経営の客観的重要性と聞いて一般の人はそもそも病院は儲かっていて先生もみんなお金持ちでいい車に乗ってるんじゃない?と想像するでしょう。ですが、現在は個人病院も多くなり同じ専門医院も比較的近い場…

医院経営を始めてみたいとお考えなら

聴診器

医療関係のお仕事に就いておられる方は、いつかは個人で医院を経営したいと考えておられる方も多いと思います。開業医であれば、勤務医の頃には考えられなかったような時間的な余裕などメリットがたくさんあり…

ARTICLE LIST