問診する看護師

医院開業と経営に役立つ各種サービス

医療技術の高度化に伴って、クリニックを新規に開業する場合に必要な費用は高額になりつつあります。したがって勤務医が内科や外科のクリニック開業に向けて準備を進める過程では、資金計画も含めて支援を専門業者に依頼する必要があります。医院開業のサポート実績が多い業者を活用すると、実際にクリニックがオープンした後の経営もスムーズに行えます。新規にクリニックを開業する場合には、医院経営のコンサルタントと相談して、コンセプトを明確にするのがポイントです。患者のニーズも多様化しているので、検査機器を充実して診断が迅速に行える体制を整備することが大切です。そして安定した患者数を確保するためには、ホームドクターとして地域に親しまれるような医院経営を目指すべきです。
これまでの成功実例を参考にすると、患者が多く集まり高収益が実現できる理想のクリニックにすることができます。またクリニック経営でもIT化が進んでおり、ウェブサイトを使った情報発信や電子カルテ化を進める必要があります。クリニックの運営を総合的にサポートするコンサルタントであれば、開業医のあらゆるニーズに対応しているので安心です。特に医院経営するクリニックの数を増やしたり在宅医療に進出する場合には、展開支援のサービスが役立ちます。

医院経営に悩んでいるなら医院経営支援専門業者に頼ろう

医院経営には、経営そのものの不安をはじめ、新人の教育・お客様となる委員患者の増加など課題も多いものです。そこで、医院経営には経営支援専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
具体的に何をしてくれるのかというと、まず給与・人員・集患状況の内部分析と競合医院や周辺の商業や人工環境などの外部分析をしてくれます。他にも、医院運営のオペレーション代行や経営基本構想を決めたり、経営改善の実行支援などもしてくれます。
医院経営支援の専門業者がしてくれるのはそれだけでなく、患者が満足のいく病院にするように指導もしてくれます。お客様である患者への対応・スタッフの医療技術向上の指導をしてくれます。また、病院内を清潔にするように指導もしてくれます。対応が悪い病院・汚い病院は嫌ですよね。
最近の病院の情報システムは高度かつ複雑化していますよね。医院経営の専門業者の中には、病院での勤務経験のあるシステム技術者がIT関連の業務のお手伝いをしてくれます。
さらに専門業者は、スタッフの教育もしてくれます。世界共通規格の認定取得指導・先ほども述べた患者への対応などです。まさに、病院経営において痒い所に手が届く存在こそが医院経営支援の専門業者なのです。

医院経営は、専門業者に任せるのが賢い理由

昭和の頃は、医院経営は簡単でした。医者免許があれば、ほぼそれからの一生は安泰といっても過言ではなく、開業医と言えば安定した高収入の職業でした。しかし、平成の30年ちょっとの間に様変わりしてしまいました。
たとえば、カルテひとつとっても、紙にペン書きしていたのが、今は、PCから入力する電子カルテになりました。
全国ほぼ一律の保険診療だけでは、都市部では、採算を取るのが難しくなりました。高い家賃やスタッフの人件費を払いつつ、次々開発される最新の医療機器を購入していけば、高い収入となる自由診療をしないと医院経営は難しいのが実情です。
しかし、一方で医者としての勉強は以前と変わらずに、いや、グローバル化が進んでいますから、日本だけでなく世界の症例をますます勉強しなけれはなりませんので、とても医院経営に割く時間は捻出できないと悩む医者は少なくありません。
そこで、医院経営は専門業者に依頼することが、今、注目を集めています。そもそも、医者は先生として患者の治療に専念するのが本分ですから、治療しながら、いくら利益がでるかを考えるのは、もともとそぐわないのです。専門業者は、採算が確保できるように経理・会計支援から、スタッフの採用、育成、研修などの人事、労務など広くサービスを提供できます。専門業者に医院経営は任せて、医者としての医術を磨き患者の信頼を得ていくのが、これからの時代の賢い医院経営と言えるのです。


専門業者に医院経営を支援してもらうなら【オクスアイ】がおすすめですよ。 経理や人事労務など医院開業に必要な支援を行っています。

事業承継で医院経営を始める場合のポイント

点滴

病院で勤務する40歳前後の医師が、クリニックを経営する両親の高齢化に伴って、事業を引き継ぐことはよくあります。また新たにクリニックの建物を新築するなど、実質的に新規開業に近い形態で事業承継を行う…

医院を経営していく上で必要になってくる業務

少年と看護師

勤務医から独立して医院を開業した場合には、医師と言えども経営に関わる知識が求められるようになってきます。大きな病院に勤務しているうちは医療だけに専念することができますが、医院を開業したら経営者と…

医院経営の課題及び客観的重要性

男性医師

医院経営の客観的重要性と聞いて一般の人はそもそも病院は儲かっていて先生もみんなお金持ちでいい車に乗ってるんじゃない?と想像するでしょう。ですが、現在は個人病院も多くなり同じ専門医院も比較的近い場…

医院経営を始めてみたいとお考えなら

聴診器

医療関係のお仕事に就いておられる方は、いつかは個人で医院を経営したいと考えておられる方も多いと思います。開業医であれば、勤務医の頃には考えられなかったような時間的な余裕などメリットがたくさんあり…

ARTICLE LIST